夏競馬の予想についてそれぞれまとめて解説!

夏競馬の予想は基本的に難しいとされています。
しかし、夏競馬についていろいろ知識をつけることによって、精密度の高い予想を立てることができます。

今回は、夏競馬の予想についてまとめて解説していきます。

「夏競馬の予想についてまとめて解説!

「夏競馬の予想についてまとめて解説!

夏競馬 難しい

夏競馬は競走馬にとって、非常に体調を崩しやすい時期といっても過言ではありません。
気温の変化や地方競馬までの輸送時間が長いこと考えると、馬の調子は万全というわけにはいきません。

しかも2歳の競走馬にとっては、競馬デビュー時期なのでプレッシャーは半端ではありません。
馬は生き物なので、こういう事情があることをしっかりと念頭に入れておいてください。

夏競馬はレース予想が難しいですが、そこをどうやって攻略するのかしっかりと考えた上で予想を立ててた方が無難です。

夏競馬が難しい理由とその攻略方法を徹底解説!
夏競馬は、非常に予想が難しい競馬レースだと言われています。夏に開催されるレースは、競走馬の体調やレース当日の天候具合などが大きく変動します。今回は、夏競馬が難しいと言われるその理由と攻略方法について詳しく解説していきます。

夏競馬 つまらない

夏競馬は面白くない・・・つまらない・・・という声を多々耳にします。
夏競馬は普段の競馬と違い予想するのが大変難しく、結果的に荒れるケースが多いからだと言われています。

そして、何度買ってもなかなか当たることなく、だんだん競馬がつまらなくなってくる・・・という考えがよぎっていきます。

この荒れる原因というのは、実力のある競走馬が夏競馬に出馬することがほとんどないからだと言われています。
本命である穴馬を選択することができないので、万馬券が当たることなくそのまま終わってしまうケースが非常に多いです。

また重賞レースのほとんどはハンデがあるものが多いので、予想を立てることが非常に困難になるケースが多いです。

夏競馬がつまらないと感じるファンが続出!その理由と対策をご紹介
夏競馬がつまらないと感じる競馬ファンが多く存在します。なぜつまらないのか・・・その理由は人それぞれですが、つまらないと感じる共通の部分をピックアップしました。夏競馬がなぜつまらないのか、その理由と夏競馬を面白くさせる方法をそれぞれ紹介

夏競馬 荒れる

夏競馬の予想は、非常に荒れやすいことで知られています。

それはなぜなのか?2019年から過去の6年間分のデータを見て調査しました。

単勝一番人気の月間勝率をチェックすると、夏頃に順位がガクンと下がることはありませんでした。
しかし、6月頃に一回だけレースの階級が1ランク下がっていることが判明しました。

普段、人気馬のレース階級が下がることなんてなかなかお目にかからないものです。
だが、ランクが下がった競馬レースに人気馬が出場するので、当然買い目を候補として挙げる人は大勢いました。

また、前走が新馬戦だった競走馬も人気に集中します。
この場合勝利すれば、次回強い馬が出馬する競馬レースにランクアップします。
負ければ、未勝利戦に出場することになります。

夏競馬はレースが荒れる!?その理由と回収率を上げる3つの方法を一挙ご紹介!
夏競馬のレースは、基本的に荒れる可能性が高いと言われています。夏のシーズンは急激な気候の変化により、競馬レースにてさまざまな障害などが待ち受けています。今回は夏競馬が荒れるその理由と、回収率アップに繋がる3つの方法などをご紹介します。

夏競馬 重賞

夏競馬に開催される、重賞レースとG1レースとでは一体何が違うのでしょうか?

実際、レースで行われているものは重賞レースがメインです。
またG1レース以外にも、非常に盛り上がる競馬レースが多数存在します。

夏競馬では重賞レースはあると言ったものの、G1と何が違うのか?思う方もいらっしゃると思います。
結論を言うと、G1レースも重賞レースと同じものです。

違いがあるとすれば、格付けの違いぐらいです。
重賞は3段階のランクに分かれており、G3→G2→G1と階級別にそれぞれ分かれています。
この時にランクが高ければ高いほど、賞金額もどんどん高値になっていきます。

また、このレースは基本、高い実績を残している競走馬が多く出場しています。
能力の高い競走馬が集まると、競馬ファンはその競馬レースに非常に熱が入ります。
そして、もらえる賞金額も桁違いなので、馬主にも一層力が入ります。

夏競馬のそれぞれの重賞レースの特徴を一挙ご紹介!
夏競馬の重賞レースはそれぞれ特徴が異なっています。さまざまな重賞レースがある中で一つ一つに、過去にいろいろルールを改良されたものや、その時の出来事などがいくつか存在しています。今回は、夏競馬の重賞レースの特徴について一挙解説していきます。

夏競馬 特徴

夏競馬の特徴としては、プロの予想家でも難しいレース展開を繰り広げられることが比較的多いものだとされています。
他の季節に比べて、気候の変化や足場の状況など大きく違いが表れています。

競走馬の体調が崩しやすいシーズンでもあるので、本気の走りをみせれない可能性があります。

しかし、馬の毛色などで優位に立つ競走馬もいれば、夏の暑さに強い競走馬も存在しています。
さらに、夏競馬は牝馬が強いとされているので、そこら辺をリサーチすれば期待大の予想を組み立てられる可能性があります。

各競走馬の過去の夏競馬の成績などをしっかりとチェックして、競馬で一発当てれるように情報を集めるようにしましょう。

夏競馬の知られざる4つの特徴と楽しむ方法を一挙ご紹介!
夏競馬の主な特徴とは一体何なのか?疑問に思う部分だと感じられます。夏競馬以外の競馬と比べると、レース環境や競走馬のその時の状態などが全然違いを見せています。今回は、夏競馬の主な特徴と楽しむ方法について一挙解説していきます。

夏競馬 攻略

夏競馬を攻略するには、その時期に開催される各種のイベントや夏競馬に強い競走馬や騎手をしっかりと選択する必要があります。

夏競馬で開催されるイベントでは、北海道で開催される競馬レースが最も競馬予想を攻略しやすいと言われています。

また、夏は牝馬がとても強いとされており、過去のデータを見ても牡馬より牝馬の方が良い成績を残していることが判明しております。
さらに夏競馬限定で、ローカルで活躍している競走馬も穴馬として非常に注目を集めております。

夏競馬に強い騎手は「福永祐一騎手」 をよく挙げられております。
競走馬だけではなく、騎手側の夏競馬の成績もしっかりとチェックしておいた方が良い予想を立てられることができます。

夏競馬の攻略方法と福永祐一騎手について詳しく解説!
夏競馬の攻略方法をしっかりと熟知されていますか?夏競馬の情報をしっかりとリークすることで、荒れやすいレースでも的確に予想を立てることが可能になります。 今回は、夏競馬の主な攻略方法と「福永祐一選手」について詳しく解説していきます。

夏競馬 期間

夏競馬はいつ頃からいつ頃までに行われるのか?実際に知らない人が結構いると思います。

夏競馬の期間は、7月~8月の間に1ヶ月を目処に競技が行われています。
夏本番に向けて、競馬レースが開催されるという感じです。

そして、夏競馬の最後を迎えるレースに関しては、9月の初めに始まる「新潟記念」が夏競馬最後のレースとなります。

ただ、夏競馬と言っても、7月になるとどの競馬場もすぐに開催される・・・とは限りません。
競馬場によっては、夏競馬が始まる時期が多少異なっていたりします。

例えば、いくつか区分けがあります。6月中旬から函館競馬が開催される・・・という区分けです。

この時期の区分けが非常に難しく、もうすぐ7月になるという時期に、6月中旬頃に東京・阪神の中央が開かれています。
このこともあって、ほとんどの方は「6月頃はまだ春競馬だ」と認識する人が多いようです。

夏競馬の期間はいつまであるのかサマーシリーズの開催について解説
夏競馬の時期・期間については、開催される競馬場によって違います。 夏競馬やサマーシリーズの開催については、いつ始まるのか事前に調べておく必要があります。今回は、夏競馬の期間はいつまでなのか、サマーシリーズの開催について解説していきます。

夏競馬 牝馬

昔から、夏競馬は牝馬が特に強いと言われています。

実際にどうなのか・・・過去のレース結果を見てみると、牝馬は夏に複勝率が上がるというデータが残されていました。
他のシーズンの複勝率を見ても、牝馬は夏競馬がダントツで高い数値を誇っていることが伺えます。

一方で、牡馬の夏競馬の過去のデータを見てみると、どのシーズンでも安定的な成績を残しております。
しかし夏競馬に関しては、複勝率が若干下がっていることが判明。

これらのデータを見ると、夏競馬の牝馬が他のシーズンより強いということが理解できます。

夏競馬に関しては牡馬は複勝率が若干下がり気味なので、強力な出頭馬は普段のシーズンより出番が少ないです。
牝馬にとっては、これは非常にチャンスの時期だと言えます。

なので夏競馬では、馬券の買い目に牝馬をチョイスするファンが多いようです。

夏競馬の牝馬はなぜ強いと言われているのか詳しく解説!
夏競馬は牝馬が強い!という話を耳にしたことありませんか? 牝馬は夏競馬に関していうと、他のシーズンより強いことが過去のデータで証明されています。今回は、夏競馬の牝馬はなぜ強いと言われているのか詳しく解説していきます。

夏競馬 傾向

夏競馬の傾向は競馬場によって違います。

函館競馬場では、夏競馬限定でレースが行われています。
1994年のコース改修工事にて100%洋芝を使うようになりました。

札幌競馬場も函館競馬場と一緒で、夏競馬限定でレースが行われており洋芝を使用しています。

福島競馬場は夏競馬が開催して後半部分になると、馬場が荒れるようになり外差しで勢力が増す傾向があります。

新潟競馬場は直線距離が非常に長く、その距離659mになります。
これはJRA全競馬場の中で、最も長い距離とされています。

中京競馬場は改装後、直線距離が非常に長い大きな競馬場となりました。
コースは新潟競馬場とよく似ていますが、中京競馬場特有の坂が導入されています。

小倉競馬場は2011年から、夏競馬の期間が6週間と通常より短めとなっています。
しかし開催期間が短いため、夏競馬の後半に差し掛かっても芝の荒れ具合が少ないです。

夏競馬が開催される競馬場の傾向や特徴など一挙ご紹介!
夏競馬は一体どのような傾向があるのかご存じでしょうか?それは開催地によって違い、いろんな競馬場で夏競馬を堪能することによってそれぞれの色が分かってきます。今回は、夏競馬が開催される競馬場の傾向や特徴などをそれぞれご紹介します。

夏競馬 当たらない

夏競馬が思うように当たらないのは、夏特有の暑さで競走馬がバテていき、体調を崩して思うような力が発揮されないことが1つの原因として挙げられています。

他にも、強い競走馬が不在で目立つような実績を持たない競走馬が多く出馬し、予想しづらいのももう1つの原因だとされています。

あと地方の競馬場の特徴である、直線距離の短い場所でレースがよく開催されていることも要因の1つ。

このように夏競馬で予想が当たらないのは、競馬シリーズの中で最も変化が大きい時期だからだと考えられます。

夏競馬が当たらないのは3つの理由があった!その理由と攻略方法を解説
夏競馬が当たらないと言われているのはいくつか理由があります。プロの予想家でさえ当てることが困難とされているので、理由を聞いたところでどう攻略すればいいのか分からないものです。今回は、夏競馬が当たらない理由とその攻略方法を解説していきます。

夏競馬 騎手

夏競馬は騎手選手の動向に注目した方が、夏の競馬予想で優位に働きます。

トップクラスのジョッキーがいるかいないかで、予想しやすいレース展開が繰り広げられます。
逆に、3番開場でトップジョッキーがいなければ、何これ・・・と思うようなレース展開が待っています。

夏競馬では、実績が高い競走馬がレースに出馬することが他のシーズンより少ないです。
それによってなかなかレースの動向が読めなくなり、予想が外れることが非常に多いです。

なので、夏競馬では競走馬に注目するのではなく、騎手選手に注目した方がレース展開をしっかり読むことができます。

最初に言った通り、夏競馬では騎手選手の動向や競馬場にトップジョッキーがいるかいないかをチェックした方が予想を立てやすいです。

夏競馬で強い騎手は誰なのか?過去の実績を踏まえてご紹介!
夏競馬で強い騎手は一体誰なのかご存じでしょうか?夏競馬は開催される「サマージョッキーシリーズ」で、どの騎手選手が強いのかチェックすることができます。今回は、夏競馬で強いとされている騎手選手は一体誰なのかご紹介します。

まとめ

まとめ
今回は、夏競馬の予想についてそれぞれまとめて解説しました。

夏競馬は他のシーズンよりも予想するのが非常に難しいです。

夏は気候の変化が非常に大きい季節のため、いつもより競馬環境や競走馬の体調など・・・いろいろ異なっていることが多いです。

そのため、レース条件や出頭馬に大きな違いが起こり、通常のように予想することが困難になります。

夏競馬は予想が難しいので、いろんな角度から情報を収集してから予想を立てた方が吉です。

夏競馬の予想を含めて、競馬情報が知りたい人は、ウマダネ|2021年競馬予想サイトランキング-ウマいタネの秘密を暴くで詳しく紹介されているのでチェックしてみましょう!

また、プロの予想で高額的中を狙うことができる競馬予想会社もおすすめです。
本当に信用できる競馬予想会社はコチラを見れば完璧です!

夏競馬を攻略しようぜ!!